もう失敗しない!家庭で絶品宮崎牛ステーキを焼くための鉄板ルール

こんにちは!ミヤチクブログ担当の阿萬です。

ミヤチクの通販でも大人気の「宮崎牛ステーキ肉」。綺麗にサシが入った分厚いステーキ肉を贈答品などで頂いたらテンション上がってしまいますよね!
でも・・・ひとつ心配も。それは、ちゃんと美味しく焼けるのかどうか・・。決して安くはないステーキ肉、焼きで失敗してしまうと本当にがっかりしますよね。

そこで今回は、「家庭でも簡単に美味しくステーキを焼く方法」をお伝えしたいと思います!

必要なのは最高のステージ(フライパン)、そして入念なウォーミングアップ

まず重要になってくるのは、お肉が最高のパフォーマンスを発揮するための最高のステージです。ステージ=フライパン、そう、ステーキ肉を焼くためのフライパンです。
鉄製のフライパンで、できるだけ底が厚いものを準備しましょう。

そして、主役となるステーキ肉には入念なウォーミングアップを。
大事なのは、ステーキ肉を「常温に戻しておく」こと。焼き始める1時間前くらい前から冷蔵庫から取り出しておき、常温に戻しておきます。
キンキンに冷えた状態から焼くと、中まで火が通らなかったり焼きムラができたり・・・ステーキ肉のパフォーマンスが下がってしまいます。

塩・コショーは直前に・・・

ラブ・ストーリーは突然に・・・っぽく言ってみましたが、塩コショウは焼く直前に、ステーキ肉の片面に均一になるように振りかけます。30cm程度上から振りかけると、均一にかかりますよ。

焼きのコツは「強火」、反すチャンスは1度だけ

いよいよ焼きに入ります。
まずフライパンを強火にかけて、フライパンが熱したら牛脂(もしくはサラダ油)を入れます。牛脂が溶けて全体に回ったら、お好みでにんにくのスライスを適量を入れて、にんにくの香りを出します。
にんにくの香りが立ってきたら、強火のままで塩・コショウした面を下にしてステーキ肉を投入します。

・・・ッジュワーーー!!というステーキ肉の魅惑の歌声が聞こえてくるはずです。

ここからがけっこう重要。
強火で焼くのは約30秒〜1分、お肉にこんがりと香ばしい焼き色が付いてきたら、「弱火」にして肉汁が浮いてくるのを待ちます(弱火で約1分〜2分ほど)。

焼き色が付いたからといって、すぐに裏反すのはNGです!

表面に赤く血のようなものが浮いてくるのが肉汁です。この肉汁が浮いてきたら反すタイミングですので、思い切りひっくり返してしまいましょう。

お肉を何回もひっくり返したり、フライパンに押し付けたりはNG!せっかくのお肉の旨みが逃げてしまいます!

お肉をひっくり返した後、火力を「強火」に戻して30秒ほど焼きます。その後、弱火で30秒〜90秒ほど(ここは、レア・ミディアム・ウェルダンの分かれ道なのでお好みで)焼いたら完成!

ここでもう一手間・・・器を温めておくのが粋

暖かい食べ物は暖かい器で。なんという優しさ、なんという粋なはからい!
確かに、せっかくおいしく焼いたステーキを冷たい器にのせてしまったら、急に冷めておいしさが半減してしまいますよね。
器をお湯に通したりして、あらかじめ温めておくといいでしょう。

そのひと手間で、ステーキのおいしさもグンと変わりますし、ステーキ肉様もお喜びになることだと思います。

お店で食べたらけっこう良いお値段する宮崎牛も、通販などで購入すればもっとお手軽に頂くことができます。
誕生日やパーティなど、特別な日に「宮崎牛のステーキ」を是非ご家庭でいかがですか?

本物の味を、特別なあの方へ・・・ミヤチク通販サイトにて!

大切な方へ、宮崎牛のステーキ肉のギフトはいかがでしょうか?

ミヤチクでは宮崎が誇るブランド牛「宮崎牛」をはじめ、ブランドポークやハム・ソーセージなどのギフト用商品を多数取り扱っています。また、それらは手軽に通販サイトから購入が可能です!

こちらからご購入いただけます!

宮崎牛のお取り寄せ・通販サイト「ミヤチク オンラインショップ」

それでは、次回のレポートもお楽しみに!!

ミヤチクの公式SNS!フォローしてください!