【お肉の保存・解凍】いいお肉、できるだけ長く保存したい!保存方法・解凍の方法は?

こんにちは!ミヤチクブログ担当の阿萬です。
本日は「お肉」にまつわるお役立ち情報をお伝えします!

せっかく買った良いお肉も、保存方法や冷凍→解凍の手順を間違ってしまうと味をそこなってしまいますよね。。

本日はタイトルにあるように、お肉の「保存」と「解凍」の方法について簡単にまとめたいと思います!

常温での保存はNG!保存方法にも工夫を

気温の高い季節はもちろんですが、寒い冬でも常温保存はやめましょう。雑菌などの繁殖を早めしまうことにつながります。

お肉を買ってきたら(通販で買ったお肉が届いたら)すぐに冷蔵庫へ!

牛肉でも豚肉でも鶏肉でも、お肉を新鮮に保つには「空気に触れさせない」ことが大切。
販売されているお肉は一般的にトレーに入っていて、ラップで覆ってあることが多いと思います。

お肉を長持ちさせたいのであれば、お肉をトレーから取り出して、キッチンペーパーなどを使って水分を切り、できるだけ空気が入らないようにラップでしっかりと包んで冷蔵庫へ。
また、ジップ付きの袋に入れて(空気をしっかり抜いて)密封すると更に良いです。

冷蔵保存の場合、冷蔵庫内の温度は「5℃以下」が良いとされています。冷蔵庫のタイプによっては「チルド室」が付いているものもあると思いますので、チルド室での保存をオススメします。

お肉を冷凍する方法!コツは「新鮮なうちに冷凍する」

お肉を買って冷蔵保存、賞味期限が近づいてきたから「冷凍しちゃおう」・・・となることが多いのではないでしょうか?
お肉を美味しく頂くためには、できるだけ新鮮なうちに冷凍してしまいましょう

お肉を冷凍するコツは、まず、キッチンペーパーなどを使って余分な水分を取り除いたあと、冷蔵のときと同じように空気に触れないように、ラップでしっかりと包んで、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。
そのときに、空気をしっかり抜くことを忘れずに。できるだけ密封した状態で冷凍するようにしましょう。

買ったままのトレーに入れた状態で冷凍するのはオススメしません!

また、ブロック肉など、お肉がぶ厚いと冷凍に時間がかかってしまいます。調理の段階でスライスする予定があれば、冷凍する前にスライスしてから冷凍させましょう。
その際、できるだけ平らに小分けにして冷凍すれば解凍の時間を短縮できます。

また、ミンチなど他の形態のものも、できるだけ薄くして平らに。小分けにして1回分ずつに分けて冷凍すれば調理の際に使いやすくなります。

冷凍したお肉を美味しく頂く方法は?

一旦凍ってしまったお肉を解凍するのって意外と面倒ですよね?
電子レンジの解凍機能を使うのもひとつの手ですが、お肉の味を損なわずに解凍するには、電子レンジよりも「自然解凍」がオススメです。

冷凍されたお肉は「低温」でゆっくりと解凍するのが鉄則です。そう、「低温」というのがポイントです。
低温での解凍なので、常温ではなく、冷蔵庫内で自然解凍します。冷蔵庫の中で、ゆっくり、じっくり解凍することで、お肉の旨みである肉汁もほとんど出さずに、品質を保ったまま解凍できます。

また、お肉の厚さや大きさによって解凍時間が変わってきます。
カチカチに凍らせたステーキ肉やブロック肉などの「かたまり肉」なら、冷蔵庫内で約半日(約12時間)の時間が必要です。

かなりの時間を要するので、使う予定があれば、前もって冷蔵庫に移しておくといいでしょう。

すき焼きやしゃぶしゃぶ用などの薄切り肉は、当日の朝に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくのがベスト。薄切りと言えども解凍までに5時間〜6時間は必要です。

調理の前に!解凍後のお肉を美味しく調理するポイント

調理の際の注意点ですが、解凍したばかりのお肉を、いきなり調理してしまうのは要注が必要です。
お肉の一部が凍ったままなど、まだ冷たい部分があれば加熱温度の差が大きく出てしまいます。そうなると、お肉が硬くなったり焼きムラができてしまう可能性もあります。

冷蔵庫内で自然解凍したあと、調理する30分ほど前に冷蔵庫から出して室温に戻しておくと、より柔らかくて美味しいお肉本来の味を守ることができます。

本物の味を、特別なあの方へ・・・ミヤチク通販サイトにて!

大切な方へ、宮崎牛のステーキ肉のギフトはいかがでしょうか?

ミヤチクでは宮崎が誇るブランド牛「宮崎牛」をはじめ、ブランドポークやハム・ソーセージなどのギフト用商品を多数取り扱っています。また、それらは手軽に通販サイトから購入が可能です!

こちらからご購入いただけます!

宮崎牛のお取り寄せ・通販サイト「ミヤチク オンラインショップ」

それでは、次回のレポートもお楽しみに!!

ミヤチクの公式SNS!フォローしてください!