おいも豚の部位のおはなし

ミヤチクのブランドポーク“おいも豚”。それぞれの部位が奥深い味わいをもつ肉質で、ほんのりと淡い桃色にもちもちとした食感。

濃厚で旨みがギュっと詰まった脂身など、その特徴からおすすめの調理方法をご紹介します。

おいも豚の美味しさの“ひみつ”

ミヤチクが自社飼育しているおいも豚。美味しさのひみつは、消費者のことを一番に考えた取り組みや、作り手のこだわりが詰まっているからです。

  • ミヤチク独自の配合飼料を供給
  • 土着菌の活用で健康と環境へ配慮
  • 徹底した衛生管理

キメ細かい肉質

ビタミンB1やビタミンC、食物繊維が豊富なサツマイモを与えて育てた「おいも豚」は、キメ細かい肉質と良質で甘みのある脂身が特徴的な豚肉です。

おいも豚の部位

おいも豚のそれぞれの部位の特徴は次のとおりです。

肩はよく運動する部位なので、旨みがある赤身の多い部分です。

肉質は、キメが粗く硬め。脂肪分がほどよくあるので、角切りにして煮込み料理にもGood。シチューや豚汁、炒め物もおすすめです。

肩ロース

ロースに続く肩側のお肉で、肩ロース特有のキメ細やかさで、脂肪分もほどよくあります。

コクもあるので、焼肉やソテー煮物などにしても美味しく召し上がれます。

ロース

胸から腰にかけての背側の肉で、肉質はキメ細かく、やわらかい高級部位です。

脂肪分も適度にあり、トンカツやポークソテーで調理するのがおすすめ。加工品として、ロースハムの原料にもされることが多い部位です。

ヒレ

標準的な豚からは、約1kgほどしかとれない希少部位。最もキメが細かく、脂肪も少なめなので淡泊な味わいです。やわらくヘルシーなので、お年寄りや女性に好まれる部位でしょう。ヒレかつなどにすると絶品です。

バラ

ロースを取り除いた腹側のお肉で、脂肪と筋肉が層をなしている部位。

肉質はやわらかく、脂肪分が多いことから三枚肉とも呼ばれ、角煮やチャーシュー(焼き豚)などに使われることで有名です。

薄切りにして炒め物や肉じゃがにも最適です。ベーコンの原料に使われているのがこのバラの部位。

モモ(ソトモモ)

脂肪分も少なくやわらかい、赤身の代表ともいえる部位。脂身が少なく淡泊な味で、あっさり食べられるのでとってもヘルシー。

角煮やシチュー、豚汁など、どんなお料理にも使える万能部位。

おいも豚を使ったおすすめレシピ

ミヤチクでご紹介している、おいも豚を使ったおすすめレシピはこちら。

おいも豚と山芋の柚子胡椒サラダ

材料(4人分)

  • おいも豚(しゃぶしゃぶ用)…150g
  • 山芋…150g
  • きゅうり…1本

(A)

  • しょうゆ…大さじ2
  • ごま油…大さじ2
  • 柚子胡椒…小さじ1
  • 塩…適量

作り方

  1. 山芋は皮をむいて薄くスライスする。きゅうりは板ずりして、スライスする。
  2. 豚肉を食べやすい大きさに切る。お湯を沸かして豚肉を茹でる。
  3. ボウルに(A)を合わせて、2の豚肉と山芋、きゅうりを入れ和えて盛り付けたら完成。

豚モモ肉のプルっとしゃぶ~ゆず胡椒ソース~

材料(4人分)

  • 豚モモ肉…400g
  • 塩こしょう…適宜
  • 片栗粉…適宜
  • ねぎ(飾り用)…1本

(A)

        

  • ポン酢…大さじ2
  • ゆず胡椒…小さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1
  • オリーブオイル…大さじ1

作り方

  1. 豚モモ肉に塩こしょうをふり、片栗粉を薄くまぶす。
  2. (A)を混ぜ合わせる。
  3. 沸騰した湯で1を茹で、氷水にあげる。2とねぎを添えたらできあがり。

チャーミングな名前の実力派“おいも豚”

栄養たっぷりのサツマイモを、たっぷり食べて育ったおいも豚は、チャーミングなネーミングでありながら、確かな実力をもったミヤチク自慢のブランド豚です。

ミヤチクオンラインショップでは、おいも豚の「バラ・ロース」など、焼肉やトンカツ、しゃぶしゃぶにもぴったりの良質なお肉を販売しております。

ほかにも、「お子さまに食べさせても安心な原料」だけで、心を込め丁寧に作られたハム・ソーセージなどなど、ぜひ一度ご賞味ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加