ブランド豚の通販はミヤチクで

通販で人気を誇るブランド豚。国内だけでも約250種、国内外合わせると約380種を超えるといわれています。

専門店で直接購入できる通販なら、鮮度の高い確かな品質のブランド豚を、しかも割安で購入することできます。

ブランド豚ってこんな豚

ブランド豚というのは、イベリコ豚や白金豚といった銘柄を持つ豚のことをいいます。

ブランド豚は、豚の品種ではありません。豚に与える飼料や環境などの「飼育方法」や「品種」など、厳しい基準をクリアしていることが条件になります。

厳しい基準で生産管理された豚は、確かな味と品質が認められるようになり、自然と人気が高まっていきます。そのため今では全国各地でブランド豚の飼育が盛んになり、数多くの産地のブランド豚が存在し、流通されています。

ブランド豚の定義

ブランド豚の定義について、ひとつは商標登録がされているか、もうひとつは、「銘柄豚肉ハンドブック」に記載されているかどうかの、2つが基準となるでしょう。

ただ、ブランド豚に公的な認定制度はありません。畜産業界での定義も明確なものは無いので、極端にいうと、ブランド豚であると名乗れば、ブランド豚になってしまうのが現状です。

通販で人気の高いブランド豚とは?

その土地土地の特性を活かし、こだわりの飼育方法で育った豚や、肉質や味わい深さを出すためにエサからこだわった豚など、ブランド豚と一口にいってもそれぞれがもつ特徴は様々です。

全国各地のブランド豚の特徴を知ることは、その地域の食材や名産物なども一緒に知れて、美味しさだけでなく、地域の魅力も楽しむことができるでしょう。

通販で人気の“白金豚(はっきんとん)”

岩手県花巻市の高源精麦株式会社が生産する豚。別名プラチナポークとも呼ばれています。

甘くて分厚い脂肪と、肉質はキメ細かくやわらか。味の濃い赤身と、コクのある旨みが特徴。

のびのびとした飼育環境、地下水を利用したミネラル水を与えるなど、こだわりと自然の恵みが美味しさを引き立てています。

通販で人気の“TOKYO X(とうきょうエックス)”

青梅市にある東京都畜産試験場が開発した、東京唯一のブランド豚。

キメ細かく良質の霜降り(サシ)が入った肉質は、やわらかくジューシー。甘い脂身と味の濃い赤身が特徴。

指定飼料として、遺伝子組み換えを行っていないトウモロコシを用いたり、豚にストレスを与えないよう、開放的な施設でのびのびと育てられています。

通販で人気の“あぐー豚”

沖縄固有の貴重な豚で、黒毛のイノシシのような風貌を持つ豚。

霜降り肉で脂身が多いのにコレステロール値は低く、やわらかい肉質と、甘くさっぱりとした脂身を持つ優れた肉質は高評価。

頭数が少なくとても貴重なため、幻の豚とも呼ばれています。

通販で人気の“イベリコ豚”

イベリコ豚といえば、スペインのコルク樫の森で放牧され、どんぐりの実などを食べて育っています。

牛肉のような濃い赤色をしたキメ細かな肉質は、オレイン酸が豊富で、さっぱりとした甘みがある脂肪が特徴。

通販で人気の“おいも豚”

宮崎県産の甘藷を食べ、宮崎の大地で育てられた「おいも豚」。淡い桃色でもちもちとした食感で臭みがなく、やわらかい肉質に濃厚でコクのある味わいが特徴です。

甘藷に含まれるビタミンB1・Cや豊富な食物繊維など、さまざまな栄養を吸収し、通常より長い飼育期間をかけ、宮崎の大自然の中でストレスを感じさせないように、大切に育てられています。

その土地土地の個性豊かなブランド豚は通販で

その土地土地で大切に育てられた個性豊かなブランド豚は、全国各地のご家庭やレストランなどで親しまれています。

旅行先での楽しみのひとつとして、その地域のブランド豚を味わってみるのもいいですね。

そうは言っても今すぐ食べたいという方は、通販を利用して生産地から直接取り寄せてみるのはいかがでしょうか。

ミヤチクオンラインショップでは、宮崎の名産品であるサツマイモを食べて育った“おいも豚”を販売しています。ブランド豚をお探しなら、ぜひミヤチクでどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加