黒毛和牛とは?意外と知らない和牛の話

黒毛和牛は、和牛の一種としてよく知られていますが、黒毛和牛とはどのようなお肉なのかについては、あまり知られていません。今回は黒毛和牛について、お話します。

和牛とは

では、そもそも「和牛」とは何なのでしょうか?「和牛」と「国産牛」という言葉は、よく混同して使われてしまいますが、「和牛」と「国産牛」は全く異なった意味を持っています。

国産牛は「日本で生産された牛」

国産牛は、その言葉通り、「日本で生産された牛」のことを意味しています。日本での肥育期間が3ヶ月を超える牛、もしくは、日本での肥育期間が最も長くなる牛は、全て国産牛と呼ばれます。

国産牛かどうかは、肥育された場所と期間のみで判断されるので、牛の出生地や品種は問題となりません。そのため、生まれが海外のホルスタイン牛でも、日本での肥育期間が長ければ国産牛と呼ばれることも。

和牛は「牛の品種名」

一方、和牛は、「明治以前から日本で独自に交配され、育てられてきた品種名」のことを指します。そのため、国産牛と違い、牛の出生地や肥育期間に関係なく、和牛品種のものは和牛と呼ばれます。

和牛の定義は厳しく、和牛と名乗ることのできるのは、「黒毛和牛」「褐毛和牛」「無角和牛」「日本短角種」の4品種の純血個体のみ。

これらの和牛品種は、食肉用として古くから品種改良がなされ、高い品質が受け継がれ続けている品種です。そのため、和牛の持つ肉の柔らかさと臭みのなさは、世界的に好評価を受け、確固たる地位を築いています。

和牛の代表格黒毛和牛とは

和牛の代表格と言える黒毛和牛は、和牛品種の中で肥育頭数が最も多く、生産されている和牛の90%を占めます。

世界最高峰の黒毛和牛

肉質の良いとされる和牛の中でも、特に黒毛和牛は、遺伝的な特性から、霜の降り具合、肉の色味、締まりなど肉質が大変良く、最高峰の牛肉と呼ばれています。黒毛和牛の肉は、キメの細かく光沢があり、よく締まった赤身で歯ざわりも滑らか。

さらに、旨味の効いた脂肪が赤身の間に緻密に入り込んで、細かな霜(サシ)を降らせることで、柔らかく、口の中に入れると舌の上でとろけるような、まろやかな味わいに仕上がっています。この風味と柔らかさが、どの品種にも負けない黒毛和牛最大の魅力です。

特色豊かな黒毛和牛

牛の肉質は、飼育環境、飲み水、餌などの違いにより大きく変化し、さまざまな特徴を持ちます。黒毛和牛も、その美味しさから、日本全国で肥育が広がり、肥育される土地によって様々な特徴の肉質を持つ、地モノの黒毛和牛が多数存在するようになりました。

有名な、神戸牛、飛騨牛、宮崎牛などの銘柄牛も、それぞれの地域独自の方法によって肥育がなされている黒毛和牛で、銘柄ごとの特徴を味わうことができます。

黒毛和牛は日本一の宮崎県産を!

和牛と黒毛和牛には、似ているようで細かい違いがあります。せっかく世界最高峰の黒毛和牛を味わうなら、地モノの銘柄牛で、その土地ならではの味を味わってみてはいかかでしょうか?

宮崎に根付き、親しまれているミヤチクでは、宮崎の自然をたっぷり浴びて育った宮崎県産黒毛和牛を使用したステーキ肉やハンバーグなどを販売しています。家庭用、贈答用にピッタリなギフトセットも取り扱っているので、家族や親戚、ご友人などに宮崎の美味しい世界最高峰のお肉をお届けしましょう!

ミヤチクのお歳暮2017!今年のオススメはこちら!

毎年ご好評いただいている、ミヤチクのお歳暮商品。
2017年のお歳暮商品は、こちらのページに特集していますので、ぜひ一度ご覧くださいね。

お歳暮特集2017|宮崎牛のお取り寄せ・通販サイト「ミヤチク オンラインショップ」

※画像をクリックしても飛べますよ

ミヤチクの公式SNS!フォローしてください!