牛肉の部位を知って宮崎牛を美味しく食べよう

私たちの食生活に欠かせない牛肉。美味しく食べるポイントは、牛肉の部位の特徴に合った調理方法をすることです。

よく食べているのに意外と知らない牛肉の部位。今回は、部位ごとの肉質の特徴や、オススメの調理方法をまとめました。

肩ロース「肩から背中にかけて長い部位」

最も大きな部位のひとつ。脂肪が入りやすい部分なので、霜降りが適度に入った柔らかい肉質。

風味もよく、ロース特有のきめの細かい肉質で、ほどよい食感と濃厚な味わいのある優れた部位です。薄切りにして使えば、さらにうまみが引き出せます。

オススメの調理方法

しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉はもちろん、炒めものなどにしても美味しい。

リブロース「牛のロースの真ん中で厚みのある部位」

ロース部位の主体となる厚みのある部分。

霜降りが入りやすく、牛肉の最高部位のひとつとされています。

牛肉の中でも、適度な脂肪分を含み、旨味、柔らかさ、脂の甘みがあり、肉質もキメ細やかで肉の風味はトップクラス。

オススメの調理方法

ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、そしてローストにも。

サーロイン「背中の後半から腰の上部」

ステーキ用の肉として有名な、言わずと知れた牛肉の王様的部位。

あまりのうまさに、国王から「サー(伯爵・ナイトに与えれる称号)」をもらい受けたと言われるほど、最高の肉質を持つ部位です。

運動量が少ない部位なので、筋肉は少なくキメ細やかで霜降りが多め。肉質は柔らかくジューシー。噛むと脂が溶け出して口いっぱいに広がる肉の旨味と脂の甘みが特徴です。

オススメの調理方法

ステーキはもちろん、しゃぶしゃぶ、すき焼き、ローストにも。

ヒレ「脊椎内側の細長い部分」

1頭の牛からほんのわずかしかとれず、牛肉の中でもっとも柔らかいとされる部位。脂が少なくヘルシーなので食べやすく、赤身の持つ甘みとキメ細やかな舌触りは絶品。

サーロイン、ロースと並ぶ高級部位で、上品な味が特徴です。ヒレ肉でも肉質の良い中心部分にあたる、最上の部位だけが「シャトーブリアン」と呼ばれ、フランスの小説家から名付けられたのだとか。

オススメの調理方法

ステーキ、ローストにして、焼き過ぎないのがおいしく食べるコツ。

バラ「繊維質や筋膜が多い部位」

胸から腹にかけて続く部分の、アバラ骨についたお肉です。赤身と脂肪が交互に層となっているのが特徴です。肉質はキメが粗く硬めですが、濃厚な味わい。

ちなみに沖縄では、皮付きの豚バラ肉のことを三枚肉といい、軟骨や骨の付いた豚バラ肉はソーキと呼んでいます。

オススメの調理方法

カレーやシチュー、角煮などの煮込み料理から、焼き肉、すき焼き、牛丼にまで幅広く使えて、炒め物にもバッチリ。

モモ(内モモ・外モモ)「後ろ足の付け根の部位」

牛肉の部位の中で最も脂肪分が少ないため、カロリー低めでヘルシーなので、脂が苦手な女性やお年寄りにおすすめです。

モモは脂肪分が少なく赤身が多めな部位です。キメはやや粗めですが柔らかく、肉質が均一なので、ローストビーフなど、大きな切り身にして使う料理に最適。

オススメの調理方法

ローストビーフ、ビフテキ、タタキ、刺身、カルパッチョ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉や煮込みなどにはもちろんのこと、かなり広い範囲の牛肉料理に向いていて、バリエーションも豊富。

宮崎牛を心ゆくまで…

今回は、食べる機会も多くお馴染みの部位を中心にご紹介しました。美味しく食べるポイントとなる、牛肉の部位に合った調理方法で、宮崎牛を心ゆくまでご堪能ください。

ミヤチクオンラインショップでは、みんなでワイワイ食べられる焼肉をはじめ、贅沢に味わえるステーキ・すき焼きに最適な最高の宮崎牛を取り扱っています。ぜひ一度ご賞味くださいませ。

ミヤチクのお歳暮2017!今年のオススメはこちら!

毎年ご好評いただいている、ミヤチクのお歳暮商品。
2017年のお歳暮商品は、こちらのページに特集していますので、ぜひ一度ご覧くださいね。

お歳暮特集2017|宮崎牛のお取り寄せ・通販サイト「ミヤチク オンラインショップ」

※画像をクリックしても飛べますよ

ミヤチクの公式SNS!フォローしてください!