人気の定番お歳暮とは?

お歳暮は、日ごろお世話になっている方への感謝のしるし。礼儀などのマナーやカタチを大切にしながらも、相手が喜ぶものを贈りたいですよね。

そこで、お歳暮に自信をもっておすすめできるミヤチクの人気のお歳暮商品をご紹介します。

お歳暮の定番として人気が定着

お歳暮がたくさん届くご家庭に贈るときは、相手が好きなタイミングで欲しい商品を選べるギフトカタログも人気ですが、やはり相手のことを思って選んで贈る手間暇がお歳暮の心が息づくのではないでしょうか。

しかし、いくら悩んで選んだ贈り物であっても、相手の嗜好に合わない食べ物や趣味に合わない雑貨、小物などを贈って、困らせるような状況は避けたいことのひとつです。

お歳暮に関するいろいろな調査によると、もらってうれしいもの、困らないもの…つまりスマートなお歳暮として毎年上位にランクインするのが、グルメギフトです。

定番商品で面白みには欠けそうですが、裏返せば、グルメギフトは、贈られる人にとって根強い人気があるということです。

お歳暮の定番として人気の高いハム

人気のグルメギフトにもお菓子やビールなどいろいろあります。

飽食の時代と言われて久しく、美味しいモノがあふれかえる現代ですが、時代や嗜好が移り変わっても、高い人気を誇っているのがハムです。

お歳暮を贈るときは、もちろん、贈る相手のことを考えて品物を選びます。贈る人に家族がいれば、家族のことまで思いを馳せるでしょう。

小さい子どもさんがいる家庭なら、子どもさんが喜ぶようなお菓子でもいいでしょう。ビールが好きなご主人なら、ビールもお歳暮としては人気です。

でも、あまり家でお菓子を食べないようしつけている家庭もありますし、ビールも好みの銘柄をはずすと、せっかくの贈り物がもらっても困るものになるモノになることも。

その点、ハムは性別や年齢問わず、万人ウケする食品です。

朝食のハムエッグやサンドイッチ、サラダのトッピングなどいろいろな使い道がありますし、日持ちがするのも人気の理由です。

お正月料理にもなる本物志向のハム

もともとお歳暮は、12月30日か大晦日に、お正月に召し上がっていただくものを届けるという習わしでした。

たとえば、一昔前なら、娘を嫁に出して初めてお正月を迎える実家に、「今年はお寂しいでしょう」と、慰めの意味も込めて品物を贈っていたそうです。

お歳暮に、そんな気遣いが込められたらステキですね。ミヤチクの商品なら、お正月のお料理を賑やかにしてくれることでしょう。

お歳暮の予算

デパートなどのお歳暮コーナーでの平均商品単価は、4500円くらいだそうです。贈る相手によっても金額が変わってきますが、3000円から5000円の商品がよく選ばれているということになります。

身近な方から順に、友人や家族などには3000円から4000円。仲人や勤務先の上司には5000円前後のものが主流です。とくにお世話になった人には5000円から1万円の予算を組む場合が多いようです。

贈る年齢層によっても、歳暮の単価は変わってきます。40代が一番高く、5000円から6500円くらいとされています。人間関係がもっとも充実する年代だからでしょうか。お歳暮は人間関係の潤滑油なのですね。

本場ドイツで金賞を受賞したハムも大好評です!

子どもからご年配の方まで幅広く好まれるハムは、年末の一家団欒にも、お正月のおせち料理にも大活躍!

ミヤチクのハムは、ドイツでもっとも権威がある品質競技会において、2年連続で金賞を取った本物志向。肉にも負けない存在感で食卓を彩ってくれるでしょう。

お歳暮の定番として人気の高いミヤチクのハムはオンラインショップで簡単にご購入いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加