お歳暮ののしについて

お歳暮につける「のし」ですが、贈る中身によっては、のしをつけてはいけない場合があります。

知っているようで、じつは知らないことも多い「のし」のマナーをまとめてみました。

「のし」は、贈答品に付ける紙のことではない?

お歳暮を贈るとき、「おのしはどうされますか」と尋ねられます。

このとき「のし」を、箱にかぶせる紙と思っている人が多いかもしれませんが、じつはそうではありません。

「のし」とは、のし紙の右上についている縦長六角形の飾り(もしくは印刷されたもの)をさします。つまり、一つのパーツです。

厳密に言うと、あの小さな飾りはのし飾りと言い、のし本体は、のし飾りに包まれた黄色い紙を指します。

水引だけの掛け紙もあります

のし紙には、紅白の蝶結びの水引が使われています。この水引のことも説明しましょう。

水引には、蝶結びと結び切りの二つがあり、それぞれに意味があります。

蝶結び

蝶結びは、チョウチョの羽のような輪になっていることから、何度も繰り返すことを願うもので、お歳暮などの贈り物やほとんどのお祝いのときに使用します。

結び切り

結び切りは逆に一度だけですませたい、何度も繰り返してほしくないこと……結婚祝い、災害のお見舞い、弔事に用います。

お歳暮ののしの常識

お歳暮にハム・ソーセージや肉類、魚など生ものを選んだときは、水引だけがついた紙を使うのがマナーです。

では、なぜ、生ものにのしをつけないのしょうか。

のし飾りの由来

日本では、昔から吉事、慶事には、魚や鳥肉のような生ものを用います。そのため、お祝いの縁起物として、贈り物には、肴(さかな)を添えるというしきたりがありました。

たとえば、今でも伊勢神宮では、本物ののしアワビを奉納しています。伊勢神宮がアワビをお供えするようになったのが2000年くらい前のこと。

やがてアワビを日持ちさせるため、のして干物にした「のしアワビ(熨斗鮑)」が奉納されるようになりました。

アワビはその昔、不老長寿の薬だと考えられていたため、長寿や末永い繁栄を願う意味で、お祝い事によく使われていたということです。

こののしアワビが、のし紙に付いている小さな飾りの原型。なかの黄色い紙がアワビを模したもので、ここから“のし” という名前になりました。

ナマものには「のし」をつけないというマナーの根拠

のしは、もともとは魚介類から始まったものなので、同じ生ものの贈答品につけると意味合いがダブるため、お歳暮として生ものを贈るときは、のしはつけません。

魚介類や牛肉など肉類をはじめ、水産加工物、ハム・ソーセージなどの加工品、果物、花束などにはのしはつけないのが本来のしきたりです。

外のしと内のしの違いって?

シチュエーションによって外のしと内のしをきちんと使い分けができると、やっぱり素敵ですね。ちょっとしたことですが、与える印象はずいぶん違ってきますのでこの機会にしっかりと2パターンをおさえておきましょう。

外のし

外のしは、包装紙で、商品を包んだ上から、のしをつけるやり方。お歳暮を持参するときは、ひと目でお歳暮だとわかるように外のしにします。

内のし

内のしは、商品の化粧箱に直にのしをつけて、上から包装紙で包むという付け方です。オンラインショッピングなどで商品を発送するときは、のしが破れたり、ずれたりしないように、のしの上から包装する内のしにします。

オンラインショップで、美味しいハムやステーキ肉のお歳暮を!

のしには、縁をのばす、寿命をのばす、慶びをのばすといった願いが込められています。

お歳暮にはぜひのしを使いたいところですが、ハム・ソーセージやステーキなどの生ものを贈る時は、のし紙は使わず、水引だけの掛け紙にするといったしきたりにも気を配れば、心が生きた、いいお歳暮になりますね。

お歳暮に最適なハムや牛肉を扱うミヤチクオンラインショップは、用途に応じたのしをご用意しております。安心してお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加